本場イタリアンの悪夢

本場イタリアンの悪夢

子供の頃、スパゲッティー屋さんはあれど、イタリアンのお店など見かけることは殆どありませんでした。
でもここ10年、20年?イタリアンのお店って、どこでも見かけるようになりましたね。

 

本格的なイタリアンを出すお店、手頃な価格で楽しめるお店、ファミレスまではいかないようなチェーン店、
そしてサイゼリアも一応イタリアンです。
味の感じ方は千差万別だろうと思いますが、イタリアンのメニューは使い勝手がいいのかな?と思います。
家族や友達同士で何を食べようか迷った時、取り敢えずイタリアンで落ち着くことってありますよね。

 

私もイタリアンが大好きで、いつか本場で食べてみたいと思っていました。
その夢が叶ったのはイタリアで行った新婚旅行で、それはもう、どれもこれも美味しく頂きました。
「一体、日本と何が違ってこんなに美味しいんだろう? やっぱりオリーオイルかなぁ?」
私は主人とのこの会話を今でもしっかり覚えています。

 

なぜなら…その本場のオリーブオイルで叶った夢が悪夢に変わったからです。
美味しいイタリアンをコースで頂いた翌日から、お腹が急降下しました。
残りの数日、観光も出来ずにホテルで過ごしたのです。
お腹の弱い主人のために持参した下痢止めが、まさか自分の救世主になるとは。

 

帰国して一応内科にかかったのですが、現地のオリーブオイルが合わなかったのだろうと言われました。
整腸作用がある一方で、体質が合わないと下痢をするそう。

 

そういう訳で、本場が合わない私には、安心して食べられる日本国内のイタリアンは貴重です。
本場が絶対1番、そんなことはないとイタリアで、いやイタリアンで学んだのでした。

 

新宿歌舞伎町のホストクラブ