銀座でイタリアンを堪能

銀座のイタリアンで使われる特徴的食材

銀座のイタリアンに用いられる材料には独特のものがあり、その中でもオリーブオイルと肉類は日本でも有名なものです。

 

オリーブオイルはほとんどすべての料理に欠かせない材料です。できるならばエクストラバージンと明記された上等なオリーブオイルを選び、値段が高くても品質の良いものを用いるようにしましょう。イタリアンを作るというのであれば、サラダ油で代用するなどというのは避けたいものです。オリーブオイルは様々な栄養素を含んでいることや、便秘解消の効果があることもメリットとして挙げられます。

 

イタリアン独特の肉類として、生ハムやモルタデッラがあります。生ハムにはプロシュートやクラテッロなどの種類があり、塩漬けした肉を自然乾燥させてできたハムで、パルマのプロシュートは最低400日乾燥させなくてはいけないことになっています。クラテッロは一番おいしいと言われる尻の肉のみを使った生ハムです。モルタデッラは、豚の赤身肉を熟成させ、繊細な独特の風味が溶け合うまでゆっくりと時間をかけて作った腸詰めで、ボローニャ産のものがもっとも有名なものとして知られています。