銀座でイタリアンを堪能

イタリアンパスタの様々な種類

イタリアンパスタには驚くほどたくさんの形状と種類があります。昔からイタリアでは、祝い事があるたびに新しいパスタが作られたと言われるほどです。同じパスタの呼び方が地域によって異なることもあります。
乾燥パスタはロングパスタとショートパスタとに分けられます。

 

スパゲッティーニやプカトーニなどのロングパスタはパスタに絡めるオイルベースのソースと混ぜ合わせ、ペンネやファルファッリーネ、フジッリなどのショートパスタは主にフォークですくうような具の入ったソースと組み合わせます。フィグリーニ、タリアーティなどのスープ用パスタは、スープやミネストローネに一番向いています。
軟質小麦の粉、水、卵で作るのが生パスタです。ただしこのようなパスタも乾燥保存させることもあります。

 

市販されているタリアテッレ、フェトゥチーネ、パッパルデッレなどの乾燥したものは、冷蔵して売られているものよりもたいてい味がよく経済的でもあります。生パスタのうち詰め物入りパスタは、具ではなく形状によってトルティリーニ、トルテッリ、ラビオリ、アニョロッティなどと呼ばれます。

 

 

名古屋でホストをお探しなら
鹿児島 ホストクラブ BUBBLY - smart4me