銀座でイタリアンを堪能

銀座のイタリアンで使われる様々なチーズ

銀座のイタリアンの料理には多くのチーズが使われるもので、様々な種類があります。牛乳から作るものや、その他の乳を原料とするものなど様々です。
牛乳を原料とするチーズについてみてみると、ゴルゴンゾーラはロンバルティア州のゴルゴンゾーラ村で作られたと言われる青カビのチーズで、辛口のピカンテと甘口のピカンテがあります。

 

タレッジョはマイルドなチーズで、外側は赤褐色、中は黄色がかったクリーム状のチーズです。パルミジャーノ・レッジャーノはパルメザンチーズとも呼ばれ、原産地統制呼称法により、生産地域や製造法・期間などに厳しい規定が設けられています。プロヴォローネは球形や洋梨型など様々な形があり、穏やかな味で口当たりが滑らかです。マスカルポーネはティラミスなど、お菓子にもよく使われます。

 

 

牛乳以外の乳もイタリアンで使うチーズにはよく用いられます。ペコリーノは羊を用い、塩気がとても強くなっています。モッツアレラは水牛の乳を用いたもので、溶かすと糸のように伸びる穏やかな風味のチーズです。リコッタは水牛や羊乳の乳清から作るチーズで、軽い風味をもっています。