銀座でイタリアンを堪能

銀座でのイタリアンの食べ方

銀座のイタリアンはイタリア料理の事を指しますが、この食べ方というのは日本とは違うので、マナーを知っておく必要があります。
蕎麦やラーメンなど日本では音を立ててすするというのが文化としてあります。

 

 

これはすすることによって香りを楽しんだりする事が出来る為ですが、イタリアにおいては音を立てる事がマナー違反とされていますので、パスタやスープなどは音を立てずに食べる必要があります。
スープも最後に少し残ってしまう事がありますが、この場合はスプーンで頑張ってすくうのではなく、パンなどに拭き取って食べるようにする事で綺麗に食べる事が可能です。

 

このパンというのはイタリアンを食べる際には非常に役立ちますので、皿を綺麗にするだけでなく、口直しの意味でも使われます。
またパンなどはそのまま噛み付いて食べる事が多いですが、そのままかぶりつくことで歯型が付いてしまうなど、印象はあまり良くありません。
その為にイタリアでは良くなく、一口大に切って食べきるというのが普通となります。
更に果物などもそのまま食べるのではなく、ナイフなどを使って綺麗に食べていきます。

 

このようにイタリアンは日本食とは違う為に、しっかりとマナーを覚えて食べる必要があります。